• ホーム
  • ED治療に健康保険は使えない

ED治療に健康保険は使えない

2019年07月16日

EDとは、男性の勃起機能が低下することです。
具体的には、勃起自体がなかなかできなかったり、中途半端にしか勃起できなかったり、勃起しても持続しなかったりという症状が起こります。
性交渉をおこなうことができず、パートナーとの関係を決裂させてしまうこともあるため、EDは男性にとって大きな悩みとなっています。
EDは体の機能障害の一種ですから、病院での治療が可能です。
治療は主に薬物療法でおこなわれます。
ただし一般的にED治療に健康保険は使えないので、自費診療となります。
診察料と処方料と薬代、全てを自費で支払うことになるのです。
ED治療薬は、種類にもよるのですが、だいたい1錠1000円から3000円となっています。
もちろん、EDが前立腺の疾患などによるものであれば、その疾患の治療には健康保険が適用されます。
また、漢方薬での体質改善によるED治療の場合も、健康保険適用となります。
ですからEDの治療をしたい場合は、まずは病院で何が原因であるかを調べてもらうことから始めます。
その後、疾患が発見されればその治療がおこなれますし、そうでなかった場合には、自費で治療を受けるか漢方治療を受けるかを自身で決めることになるのです。

関連記事
精力減退には看病よりもカマグラが効く

男性向け医薬品カマグラは、インドの企業が製造しています。インドの国のイメージと言えば、ヨガやカレー、仏教や数学です。しかし近年では理系の分野で、大変大きな注目を集めており、欧米メーカーが製造した魅力的な新薬を、リーズナブルな価格で製造するジェネリック医薬品の企業が急増しています。欧米メーカーの提供す

2019年09月08日
交感神経にも作用するカマグラはダイエットにも効果あり?

ED治療薬バイアグラのジェネリックであるカマグラ。主成分はバイアグラと同じシルデナフィルであり、陰茎の血管を拡張させることで陰茎勃起を起こします。ただ、性的興奮を補助したり、早漏を改善する効能はありません。スーパーカマグラはそのうち、早漏改善に効果を発揮します。早漏が起こってしまう原因の一つに性的興

2019年08月10日
病院で行われるED治療の診察内容

病院で行われるED治療についてご説明します。EDは男性の性器の勃起がうまく行えないという症状なので、診察時には下着を脱いで性器を出すことになるのではないかと恥ずかしがる人が多くいます。しかし多くの場合は、性器を出さずに診察が行われます。具体的には、診察内容は問診と血圧測定がメインとなります。それのみ

2019年06月28日
特許切れによって出現したバイアグラジェネリック

ED治療薬として有名なバイアグラですが、特許は米国のファイザー社が保持しています。日本国内におけるバイアグラの特許が、2014年の4月に切れました。これにより、国内でバイアグラのジェネリック医薬品を販売することが可能になりました。日本国内で最初にバイアグラの後発医薬品を販売開始しているのは、東和薬品

2019年05月30日
後発医薬品はなぜ安いの?

最近、調剤薬局でお薬をもらうときに、「後発医薬品に変更できますが如何しますか。」などと聞かれることが増えています。またテレビのコマーシャルでも、「ジェネリック医薬品でお薬代が安くなる」などの宣伝が流れています。しかし、後発医薬品はなぜ安いのか、きちんと理解している人は少ないが実情です。値段が安い、と

2019年05月14日
カマグラとカマグラゴールドの違い

カマグラはインドの製薬会社が製造しているバイアグラのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品ですから、とてもリーズナブルな価格帯にて購入することができるようになっています。では、カマグラという薬、そしてカマグラゴールドという薬があります。名前の違いとしては、ゴールドがついているかついていないかです

2019年04月29日